自由きままな世界

トップページ > ホンダTLM220R 整備

ホンダTLM220RHONDA TLM220R

 ホンダTLM220R 整備

 

H27年夏、長い間所有していたHONDA TLM200Rを売却してしまい売却して直ぐに後悔することになって
しまった。その後ネット上やオークションでトライアルバイクを探していましたが、程度の良い物がなく
半ば諦めていましたがH29年4月になってオークションに1992年製HONDA TLM220Rが出品され2日ほど
迷い入札しました。ネット上で見る限り価格は15~30万で出品された物は距離は440km画像で見る限り
は状態も良くタンクの大きな凹みもなくエンジン回りも綺麗、始動も問題はなく但しチョークを引いた状
態では問題ないが戻すと吹け上りが悪い又スタンドが倒れ込んでいる為、台座をしないと倒れてしまうと
のことでした。私が入札した価格では到底落札は無理と思っていましたが翌朝見ると繰り上げ落札してい
ました。価格も思っていたほど高くならずラッキーでした。

H27年まで所有していたHONDA TLM200R


手元に来てエンジンが掛かることを確認しクレンザーやコンパウンドを使ってホイル・スポーク・ハンドル
などゴシゴシと磨き、燃料ホースが劣化していたので近くの量販店に行き108円/mの燃料ホースを購入して
交換、もう一つの問題はスタンドを固定するストッパーが摩耗してレンガほどの厚みの物を敷かないとバイ
クが倒れてしまうほど斜めになってしまう事です。 

クレンザーやコンパウドで磨いた後

問題のスタンドストッパーは量販店に行き厚み4.3tx60x150のL金具を購入しフレーム固定するストッパ
ーの穴を利用して切ったり削ったり曲げたりして手作りしました。

(左から摩耗してしまった部品とスタンドの現行、左から3番目が手作りした部品・取り付けた状態)
画面上では真っ直ぐ過ぎていますが実際に取り付けると丁度良い角度になります。

この状態になってからナンバーを取得しフロントタイヤとチューブ、チェーンスライダーが破損していたため
交換し始動は手元に届いてから1ヶ月後の5月22日でした。

その他の経費 
送料 23,540円
フロントタイヤ・チューブ・チェーンスライダー交換、工賃 27,980円
自賠責保険料 15,720円
ナンバー代 600円

総額:265,840円

☆ ちょい乗りした感想

2サイクルエンジンにはよくあることですが、長い間乗らないとエンジンのかかりが悪くプラグを新品にし
ましたが5~6回踏まないとかかりませんでしたが今回は一発で始動しました。
スタート時に若干エンジンがボコボコいう感じがしますが温まってくるとなくなった。TLM200Rに乗ってい
たので特に違和感もなく乗れまたバランスやハンドルタイヤのブレもなくエンジンの異音もありません。心配
していたチョークを下ろした時の吹け上りもジェットニードルを一段下げたことで解消したようだが様子をみ
て再調整の必要もあるかも知れない。今のところキャブレターのオーバーホールは必要ない気がする。
2サイクル特有の瞬発力もあると思うが実際に林道や山道を乗って試してみたいが、それにはまずこのバイク
の信頼性を実感する必要があるので、しばらくの間は公道や砂利道程度を走ってから試すことにしたい以前
乗っていたTLM220Rよりも調子が良いのは嬉しい。

オーバーホール後

☆ 林道を走ってみた

エンジンの熱が上がってくるとアイドリングが高くなる、燃料ホースを見ると燃料の入りが悪い気がする。
やはりキャブレターに問題があると思いキャブレターを外してみたところキャブレターの底とメインジェット
周りに錆が溜まっていたフロートの動きも悪い各パーツを外し業務よう錆取VpCL-426の液の中にしばらく
つけてブラシでこすって綺麗にしたメインジェットも同様で内部は細い針金で綺麗にしました。
フロート部も錆が付着していて動きが悪くなっていたが洗浄してスムーズに動くようになった。外観も錆取を
付けて磨いた。
キャブレターのメンテナ ンスが済みセットしたところエンジンが掛からなくなってしまい、原因が分からず
これには悩まされました。思いついたことは購入時ジェットニードルの位置が一番上にセットされていたが
チョークを戻した時に薄かった為、位置を上から4番目に変えてあったことが原因ではないかと思い購入時と
同じ位置に変更したら掛かるようになりました。その結果アイドリングが変化することなく吹け上りもよく
パワーも申し分ないようになりました。

 

Copyright(C) aratinet All Rights Reserved.