南アルプス > 栗沢山

栗沢山(標高 2,714m)

サンプルイメージ

南アルプス甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳の間にある山で早川尾根沿いに行くとやがて鳳凰三山の薬師岳へと続いています。
山頂から甲斐駒ヶ岳を眺めるには最高の山です。





*注意 (バスの時刻が変わっている可能がありますので確認して下さい)
春先まで北沢峠までバスが行っていません1つ手前の歌宿までです、北沢峠までの往復は徒歩になります、戸台口を6時25分発の朝一番のバスで栗沢山へ登り歌宿最終のバスに乗るのが精一杯ですので仙丈ケ岳や、甲斐駒ヶ岳への日帰り登山は強行ですので避けて下さい。

北沢峠までのバスの運行開始の日にちは7月16日前後からとなりますので、長谷村村営バスへお問合せ下さい

 JR飯田線伊那市駅から伊那バスで長谷村戸台口(伊那北から50分)まで行きます、
 戸台口からは村営バスを使って北沢峠まで行きます、車の時は伊那インターから高遠方面に向い高遠から右折して20分前後 で戸台口駐車場(無料)トイレがあります

JR伊那市駅から戸台口行きバス(JRバス伊那支店 TEL 0265-73-7171)
  伊那市駅発 戸台口着
  5時30分  6時11分 7月24日〜8月15日まで毎日
  6時43分  7時27分
  9時27分 10時11分
 12時44分 13時31分
 15時44分 16時31分
 16時55分 17時41分
 18時15分 19時01分 日曜祭日運休
時間はJRバス伊那支店に確認して下さい

戸台口から北沢峠行き(長谷村村営バス TEL 0265-98-2821)
 戸台口発  北沢峠着  北沢峠発  戸台口着
 *6時25分   7時25分  *7時30分   8時25分
  8時20分   9時35分  10時00分  10時55分
 10時15分  11時10分  13時00分  14時00分
 14時05分  15時05分  15時55分  16時50分
*印は土・日曜・祭日と7月中旬日〜8月31日の間毎日運行
 8月21日から10月31日は土・日曜・祭日運行です、全員が乗れるようになっていますので安心して行けます。

 

アクセス

  • 中央本線原野駅下車タクシーで木曽駒高原スキー場へ、車の時は国道19号線を原野(木曽駒高原カントリークラブ方面)木曽駒高原へ入り、スキー場の上のゲート手前(木曽駒ヶ岳登山口手前)を左に30mほど入った所に5台ほど駐車できるスペースがあります(消防車が置いてあります)直ぐ下にはスキー場の駐車場もあります。

タイム

  • 北沢峠(30分)〜登山口(1時間30分)〜山頂

 

登山道 Map

危険な所はありません、甲斐駒ヶ岳や仙丈ケ岳のように大勢の方が登る山とは違って登山をする方も少なく北沢峠までバスが行かないこの時期は特にすいています。

北沢峠から少し下り甲斐駒ヶ岳へ登る道を仙水峠方面へ入りますしばらく行くと栗沢山登山口があります。

ページトップへ戻る

日記

南アルプスの中で普通日帰りができる山はこの栗沢山と仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳です中には北岳や塩見岳に日帰りしたという方もいますが、一般的にはこの三つの山だと思います、私たちも仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳に行って見たくて先ずはこの栗沢山に登り南アルプスの雰囲気を知っておこうと思い出かけることにしました。

北沢峠から仙水峠へ登る道をしばらく行くと右側に栗沢山登山口とありました、うっそうとしたシラビソの森を登って行きます天候もあまり良くはなく周りの景色も見えません、山を回りこむような感じで山頂に着くと右に甲斐駒ヶ岳左に仙丈ケ岳が見えています、山頂はガスが立ち込め時折甲斐駒ヶ岳の白い岩肌が見えています。

 

登り始めて5時間茶臼山山頂に到着です、目の前の木曽駒ヶ岳は雄大でハイ松の緑と澄んだ青空がまぶしいくらいです、茶臼山をそうそうに行者岩へ向います、行者岩は少し下り登り返せば15分ほどで着きます、開放感があり眺めも最高です、今日の予定はこの先の将棋頭山まで行く予定でしたが2週続きの登山で私がバテてしまい行者岩までにしました、その分ゆっくりと昼食を取り2時間ほどの休憩です、風もなく温度も高く、静かです岩にもたれて青空を眺めていると眠気が来ます、普段山頂で長い時間景色を見ている事が少ないので今日は満足です、今年の登山も終盤をに近くなり残り1〜2山となりました、夏場なかなか天気に恵まれませんでしたが10月に入り天候も良く紅葉と雄大な山の景色に今日はとても良い登山でした。

ページトップへ戻る

Copyright(C) ショップ(カフェ・レストラン)向けHTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.