南アルプス >御嶽山

御嶽山(標高 3,067m)

サンプルイメージ

信濃の国にも歌われている御嶽山は古くからの信仰の山として多くの信者がこの山に登ります。木曽義昌が開山したともいわれ、どっしりとした山容で針葉樹の美しい森と今なお水蒸気が吹き上げる活火山です。



今回ご紹介するコースは国道19号線木曽福島から高山へ通じる国道361号線を開田村へ入り御岳ロープウェイ鹿ノ瀬駅のすぐ脇を過ぎ6合目にある中ノ湯登山口から山頂を目指し、二ノ池、三ノ池を回り8合目金剛堂(女人堂)へ下山して中ノ湯へ戻るコースです。

 10月中旬北アルプス周辺に雪が降り、御嶽山にも10cmほどの雪が降りました、三ノ池から8合目に下る日陰には雪があり凍結した場所もありますので注意して下さい。

アクセス

  • 中津川インター又は塩尻インターから国道19号線に入り、木曽福島から国道361号線に入ります、開田高原を過ぎ御岳ロープウェイを目標に進みます、鹿ノ瀬駅を左に見てさらに10分ほど登った所に6合目駐車場があります、駐車スペースは十分にあります(トイレあり)

タイム

  • 6合目駐車場(50分)〜7合目(1時間)〜8合目(1時間)〜9合目(40分)〜山頂(15分)〜二ノ池(1時間20分)〜岐阜県側分岐(25分)〜三ノ池(1時間10分)〜8合目(30分)〜7合目(40分)〜6合目駐車場

 

登山道 Map

6合目から8合目までは木の階段が付けられています、8合目から山頂まではザレ場が続きます、二ノ池から岐阜県への分岐までは特に危険な場所もありません、三ノ池からは急な斜面です、はしごが沢山架けられていますが注意して下山しましょう。また谷間ですので日陰は凍結している場所がありまので注意が必要です。
ロープウェイをご利用の方は最終が4時半ですので8合目に3時半ころまでに下山できるような計画が必要です、8合目までは山頂から3時間〜3時間半です

ページトップへ戻る

日記

お盆休み以来の登山です、台風の上陸が相次ぎ休みのたびに天候が崩れ思うような登山ができない日々が続いていました。今週こそはと17日の日曜日5月坊主岳へ登ったメンバー3人、正確には2人と1匹と御嶽山へ出掛けることにしました。

何時もの待ち合わせ場所である木曽駒高原入り口の「道の駅」に6時、久々に会う黒ラブマルちゃんも元気いっぱいの様子です、国道19号を木曽福島まで行きコースを右に取って国道361号を開田高原へ向かいます、トンネルを過ぎると、どっしりとした御嶽山が朝日を浴びて光っています、さすがその姿は大きく雄大です。

 

少し遅い紅葉を見ながら、木の階段を登って行きます、風は冷たいものの、しばらく歩けば汗が出ます上に着ていた長袖のシャツを脱ぎ半袖で登ることにしました。やがてローウェイ終点の7合目に到着です、日陰には霜柱が立ち白い雪も少しあります、周りのコケも厚みを増し、うっそうとした森が続きます。

背中に日差しが当たるようになると、気温も上がり周りの木々も背が低くなって来るころ8合目が見えて来ます。ここからはザレ場です風を避けるものもなくなり、下から冷たい風が上がって来ます、さすがに半袖では寒く長袖を着て登ります、右手には乗鞍岳や北アルプスが見え空は、まさにコバルトブルーです。

 

山頂へは大理石の階段とステンレスの手すりがあり、登り切った所には御嶽山ご神体が祭られています。山頂は360度の展望で乗鞍岳や笠ガ岳、槍ヶ岳、北アルプスの山々や中央アルプス、八ヶ岳、富士山、南アルプスの山並みや白山なども見る事ができました。

山頂を早々に次の目的地二ノ池に向かいます、池には氷がはりブルーの池の周りには雪もあります、風当りの少ない場所で昼食を取り、午後1時三ノ池に向かうことにしました。

 

二ノ池小屋の脇を抜け平坦な道を進み上り返せば摩利支天山との分岐です、正面の御嶽小屋を挟んで右には三ノ池が左には岐阜県へ下る道が長く続いています、急な下り坂を下り小屋の後ろにある飛騨頂上の鐘を鳴らし三ノ池に向かいます。

三ノ池は水深もあり色もグリーンに近く神秘的です、岐阜県へのコースの分岐から一端登って池に向かって下りて行きます、行く先々には鐘があり無造作に置かれた木槌で鐘を鳴らします、時刻も3時になろうとしています、8合目までの時間が気に掛かります。急な岩場の橋を幾度も下り、凍結した日陰の雪に足を滑らさないように注意しながら歩きます。

 

やがて下にロープウェイの駅が見えてくるようになると8合目は目前です、8合目には予定より1時間遅れの4時になろうとしています。日が落ちないうちに下山しないといけません、あせる気持ちを押さえ早々に下山です6合目駐車場には5時半の到着でした。

 

 

 

ページトップへ戻る

Copyright(C) ショップ(カフェ・レストラン)向けHTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.