南アルプス > 茶臼山

茶臼山(標高 2,652m)

サンプルイメージ

中央アルプス・茶臼山(標高 2,652m)は木曽駒ヶ岳の北東に位置し、木曽駒ヶ岳を眺めるには最高のポイントです、八ヶ岳や南アルプス、御岳山、乗鞍岳、北アルプスなどの景色がすばらしい。茶臼山は沢登りの山として知られています。

今回ご紹介するコースは山岳地図には載っていません、又は廃道になっていますが、地元の皆さんのご努力で整備されました、コースは直線的で急坂です、又登山口から間もなくの正沢川には橋がないので雨の日や大雨の後などは大変危険ですので注意して下さい。

アクセス

  • 中央本線原野駅下車タクシーで木曽駒高原スキー場へ、車の時は国道19号線を原野(木曽駒高原カントリークラブ方面)木曽駒高原へ入り、スキー場の上のゲート手前(木曽駒ヶ岳登山口手前)を左に30mほど入った所に5台ほど駐車できるスペースがあります(消防車が置いてあります)直ぐ下にはスキー場の駐車場もあります。

タイム

  • 登山口(1時間30分)〜5合目(1時間)〜7合目(1時間40分)〜8合目(1時間10分)〜山頂(15分)〜行者岩 下山 約4時間

 

登山道 Map

入山者も少なく山全体も荒れています、又、正沢川の吊橋も落ちていて、靴を脱いで沢を渡るようになります、流れも速く深いので大雨の後は大変危険です、今の時期水温も低いので衣服が濡れないようにしましょう。4合目から5合目までは岩場がありコケが多く浮石もあります、7合目から8合目までは急坂で痩せ尾根を通りますので注意が必要です。

ページトップへ戻る

日記

中央アルプスへの登山も今回で4山目となりました、今月5日には八ヶ岳横岳に登り横岳からこの中央アルプスを眺めていました、今日は反対に八ヶ岳を見に紅葉真っ盛りの茶臼山に登ることにしました、中央アルプスはどの山をとっても急坂で距離もあり、おまけにハードです、過去何回か登り山の様子も少しは分かるようになったのでペース配分を考えて出発です。
登り始めは背丈もある笹の中を歩きます、空は晴れていますが森は薄暗く夕方のような雰囲気です、歩き始めて30分正沢川に出ました、橋は落ちていて靴を脱いで渡ります、水の冷たさで足がちぎれそうです、沢を渡り次第に急坂になる頃4合目の水場に出ました。

谷間の岩場をジグザグに高度を上げます、山は痩せていて木の実などはなく動物の痕跡もありません、いたる所倒れた木が散乱しています登山道は土質で落ち葉が沢山あり、根の露出した所も少なく歩き良い道です7合目からはかなりの急坂です、2週続きの登山で足が思うように出ません、この山は森林限界が高く9合目付近まで高い木が沢山あります、最後の急坂を登り切ると展望台に着きます、枯れて白くなった木が幻想的です、山頂までは、もう一頑張りです。

 

登り始めて5時間茶臼山山頂に到着です、目の前の木曽駒ヶ岳は雄大でハイ松の緑と澄んだ青空がまぶしいくらいです、茶臼山をそうそうに行者岩へ向います、行者岩は少し下り登り返せば15分ほどで着きます、開放感があり眺めも最高です、今日の予定はこの先の将棋頭山まで行く予定でしたが2週続きの登山で私がバテてしまい行者岩までにしました、その分ゆっくりと昼食を取り2時間ほどの休憩です、風もなく温度も高く、静かです岩にもたれて青空を眺めていると眠気が来ます、普段山頂で長い時間景色を見ている事が少ないので今日は満足です、今年の登山も終盤をに近くなり残り1〜2山となりました、夏場なかなか天気に恵まれませんでしたが10月に入り天候も良く紅葉と雄大な山の景色に今日はとても良い登山でした。

 

6合目からはシラビソの森を高度を稼ぎます、夏ばてだったと言う「まるちゃん」も息があがります、8合目に着いたのは11時半でした、まだまだ先が長く相変わらずガスで山頂付近は何も見えません、もし時間的に無理なようなら山荘まで行って引き返そうと言う事になりました、この天候では山頂へ行っても景色も見えず、どんなに遅くても2時には下山しないと暗くなってしまいます。
どうやら登る人は私達だけのようです、下山の人にも7人会っただけです、力水付近は風がなく気温も高く心地良かったのに、山荘に着くとガスと突風で気温も低く手が冷たくしびれてきます、山頂は断念して早々に下山することにしました。

 


力水で昼食を取りました、今日のお昼はおにぎり2個です、おかずはちょっと太目のソーセージです、いっしょに行ったSさんは何とチキンラーメンです「しまった!持ってくれば良かった」全く考えてもいませんでした、人が食べているチキンラーメンは何時になく美味しそうでした、人が食べていると食べたくなってしまいます私も今夜食べようと、その時は思いましたが家に帰って見るとその気は無くなっていました。

 


うさぎ平に着いたのは丁度5時でした、今度は林道を駐車場まで下らないといけません、辺りは薄暗くなり駐車場へ着いたのは6時20分でした。

ページトップへ戻る

Copyright(C) ショップ(カフェ・レストラン)向けHTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.