その他里山 >金華山

金華山(標高 846m)

サンプルイメージ

金華山(小笠原城跡)は松本市の東、里山辺にありテレビドラマ「白線流し」のロケ地にもなった薄川沿いにある小高い山で小笠原氏城跡で昭和45年10月長野県文化財保護条例により長野県史跡に指定されました。

山頂は松林に囲まれ景色を見ることは出来ませんが、良く整備された遊歩道が続き家族連れや軽いトレーニングに最適です。

今回ご紹介するコースが薄川に架かる金華橋脇からの東城山遊歩道からのコースです。

文面

小笠原氏城跡・林城
 大城(金華山城)題
 小城(福山城)
昭和45年10月22日長野県文化財保護条例第二条により長野県史跡に指定。

この城跡は林城の大城、小城並びにその前衛をなす埴原城を含めた雄大な要害で守護小笠原氏の貫禄を示す本県の代表的なものである。大城は松本市里山辺と入山辺にまたがる丘陵上に構築され本郭第二郭ともに副郭、土塁石垣を備え数条の帯郭をめぐらし山林の要部に大小幾多の空掘を配し、近く大城に劣らぬ防備をもった小城に連なり遠く数多くの支城に囲まれていた。本郭の東北部には水の手の遺構、城下の林部落には町割、侍屋敷の名残をとどめている。
看板内容

この史跡は建武年中(1334〜)信濃守護小笠原貞宗の府中(当時の松本)に井川館を設けて以来、長時が武田晴信に敗れて退去した天文19(1550)年まで約200年間、きびしい戦国の世に処した小笠原氏の本拠地で中世における連立式の築城遺構をもっている。深い歴史を秘めた貴い遺構であるから観光等による破壊から護りたい。

林大城の石垣と土塁
本丸は東西48メートル、南北21〜37メートルあまりで、西方を除いて石垣、土塁がめぐっている。土塁敷は4、5メートル、高さ3メートル上部の幅は1〜2メートルに及んでいるが南側は痕跡を残す程度の低さである。本丸をめぐる土塁は戦いに鉄砲が使われだしてから玉をよけるために築かれるようになり土塁の後には石積みがあり、この石は入山辺の山家城の石よりも小さく河原の石をそのまま使った素朴な乱れ積みである。
このように当時そのままの石積みは私たちに歴史を語りかけてくれます。どうぞこれからも城址と供に石垣を大切にしてください。

川と正面奥に美ヶ原、右が金華山

アクセス

  • JR松本駅からタクシー又はバス、駅前バスターミナル(エスパ正面玄関南側)1番乗場から入山辺行きのバスで里山辺出張所前下車、バス停前の道を南へ約10分、薄川に架かる金華橋を渡れば左側です又は松本インターから松本市内へ松本駅正面の道を東へ松本美術館の前を通り過ぎて突当り(県の森公園前)を右折して薄川(すすきがわ)の橋の手前を左折、川沿いに約3k東へ天気がよければ正面に美ヶ原のテレビ塔を見ながら進むと右側にこんもりと見えて来ます(一番上の画像 薄川沿いの金華山)

    駐車スペースが登り口に2台ほど、金華橋近くに2〜3台停められます、後は川沿いに停めることが出来ます。

タイム

  • 遊歩道入り口(15分)〜見晴台(15分)〜山頂 

 

登山道 Map

危険な所は全くありません、道も良く整備されています、30分で登れる遊歩道です。

   
ページトップへ戻る

日記

3月最後の日曜日、気温も高く春らしい天気です何処か手軽に行ける山はないかと探していると松本市の東に金華山という名の山がありました、標高は846mとあります時間は40分手軽すぎとは思ってみたものの金華山という名前に引かれ出掛ける事にしました、お昼に食べようと思っていたサラダを小さな重箱に入れて牛乳パンとグレープジュースにミカン2個を持って10時に出発です。
薄川沿いを東へ進むと正面に美ヶ原が見えて来ます山頂付近はまだ白いものが残っています、薄川には桜が沢山あり桜の名所としても知られドラマ白線流しの舞台ともなった所です、河川敷は整備されウォーキングや家族連れなどでにぎわいます。
     

薄川沿いに車を停めて出発です、遊歩道入り口にはこの山の歴史が書かれています、小笠原氏城跡とあります。ジグザクに付けられた道を15分も登ると見晴台に着きます、松本市内と北アルプスが見えています、さらに松林に囲まれた道を15分も歩くとそこは山頂です。

   

山頂は周りを土で囲った円形の平らな場所です、周りは松林で薄暗く景色を見ることも出来ません、西側にわずかに松本市内と北アルプスが見えます、折角重箱に詰めて来たお昼も、この薄暗いちょっと不気味な感じのする山頂では食が進まないのも無理はあいません早々にお昼を済ませ下山です。休憩を入れて1時間半程度の山ですが桜の咲くころに登れば薄川沿いの桜の向こうに北アルプスが楽しめるそんな山です。

ページトップへ戻る

Copyright(C) ショップ(カフェ・レストラン)向けHTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.