その他里山 >高ボッチ

高ボッチ山(標高 1,665m)

サンプルイメージ

高ボッチ山は八ヶ岳中信高原国定公園に指定され、この変わった名前の由来はボッチを漢字で書くと法師と書きます、高法師は巨人の坊さんです、巨大な坊さんが京都から信州に山を運んだ際、腰を下ろして山頂がへこんでしまったのが高ボッチ山で、そして踏ん張って立ち上がった時に出来たのが諏訪湖と言われています。
この便利さで、この山を登山する人はほとんどいません、登山道から景色が見える訳でもなく、岩場や鎖場といった変化がある訳でもありませんが景色の良さと草花の観賞にハイキング感覚で登って見るのも良いかも知れません。

塩尻市の南には霧訪山が西にはからたきの峰や鉢盛山があります、そして東にはこの高ボッチ山がどっしりと立っています、尾根を南に下ると岡谷市との境、塩尻峠に出ます、塩尻市は山に囲まれた盆地で、りんご・もも等の果物、レタス・長芋などの野菜が多く作られています、その昔山から多くの獣が下りて農作物を食い荒らす被害が多く、被害から守る為に江戸時代に作られた「「猪土手」の跡が今でも残されています、霧訪山の裾から山沿いを塩尻峠を過ぎ高ボッチの裾を通り松本市に至約30kに及ぶ高さ約2mの土盛りをした土手があったそうです。

今回ご紹介するコースは塩尻市と松本市を結ぶ東山山麓線沿いにある県林業センター脇から登り「ひょうたん池」から山頂近くの駐車場へそこから山頂へ向かいます距離は4.7k2時間半のコースです。

アクセス

  • 塩尻インター料金所を出て左へ一端岡谷方面へ次の信号を左折、長野道の下を過ぎ左へカーブ北へ進路をとります後は直進して15分も行くと道路沿いに「長野県林業総合センター」の看板が見えます(画像は松本側から撮っています)登山口へは看板から20mほど北へ(松本方面)行った右側になります。道路脇の高ボッチ高原自然探索路案内板はあります、不明な時は県林業センターとお尋ね下さい舗装された道をしばらく行くと林道に出ます車は、その付近に置いてここから登りはじめます。
       

    車で山頂近くの駐車場まで行くことが出来ます。塩尻インター又は岡谷インターから国道20号線を塩尻峠に入り、峠の中腹に高ボッチ高原入り口があります、塩尻から来ると左折して約30分程度登って行くと高ボッチ高原に着きます、標高1,600mの高原で夏にはレンゲツツジやニッコウキスゲなどが咲き、夏には恒例の草競馬が開かれます。

タイム

  • 登山口(50分)〜林道(50分)〜ひょうたん池(20分)〜駐車場(15分)〜山頂(2時間)〜林道

 

登山道 Map

危険な場所も迷うような所もありません崖の湯から塩尻峠に掛けて、この高ボッチ高原へ登る道は数多くありますが今回の道以外は2本ある林道へ出ます、山菜取りに入る人程度で登山をする人はほとんどありません、この付近の山は熊が生息していますので熊除けをお忘れなく。
 

 
ページトップへ戻る

日記 MAP

今年最後の3連休22日は風が強く生憎の天気でしたが23日は快晴です、今月8日に天狗岳に今年最後の山との思い出行きましたが、この良い天気に家にいるのも勿体無く身近で景色の良い高ボッチへ出掛ける事にしました。家から15分で登山口到着です以前モトクロスやトライアルに夢中だったころ、この山にある山道や林道を走り尽くしています中でもこのコースは急で格好のトライアル練習コースでした。

   

林道脇に車を置き上の林道までは林道歩きです、左側にはこの地域唯一のモトクロス練習場があります沢に沿って唐松や杉の森を歩きます、紅葉も終わり枯葉の落ちた道を歩きます、ふと沢を見ると泥濘に鹿が胸まで泥に埋もれ動けなくなっています持っていた笛を吹いても動く事はありませんでした。歩き始めて50分林道へ出ました、ここからは赤土のジグザグな道になります以前着た時よりも4WD車に削られ荒れています。
   

登るにつれ木々の間から市内が見えます山頂から良い景色が期待出来そうです、大きな鉄塔が見えて来ました、塩尻市は変電所があるため里山は鉄塔銀座と呼ばれているほど鉄塔があります、この道も鉄塔を管理するために付けられたのかも知れませんジグザグの道を登り切るとひょうたん池に到着です、周りは笹に囲まれて周りの木々は白く輝いていました、この付近まで来ると高原という雰囲気がします、ひょうたん池を過ぎて、しばらく行くと駐車場に出ました。

     


空は青く北アルプスが見渡せます中央アルプスをはじめ御嶽山・乗鞍・穂高・槍・白馬まで見る事が出来ます、山頂までは笹の中に作られた道を歩きます霜柱が解けてぬかっています、山頂に着けば今度は八ヶ岳や諏訪湖が広がり富士山が微かに見えています、風も無く暖かい天気です八ヶ岳を十分見る事はできませんが北アルプスは綺麗に見えます、この景色を見ると来て良かったと感じます満足の一日でした。

ページトップへ戻る

Copyright(C) ショップ(カフェ・レストラン)向けHTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.