その他里山 >天狗岩・金松寺山

天狗岩(標高 1,964m) 金松寺山(標高 1,625m)

サンプルイメージ

天狗岩 標高 1,964m 松本市の西、梓川村に位置し国道158号線(通称上高地線)上高地への口元にあって、標高こそ2,000mに満たない山ですが標高差は1,300mあり松本平や八ヶ岳、中央・南アルプスを望む事ができます。
松本市サッカー場付近からの天狗岩

アクセス

  • 上高地線波田駅下車タクシーで又は長野道松本インターから国道158号線(通称上高地線)を上高地方面へ約10m程度行くと波田町役場前の鍋割信号機手前を右折、梓川橋を渡り次の信号機を左折して直ぐに右折、坂道を上り金松寺方面へ金松寺を左に見て細い道を上って行くとゲート手前に3台ほど駐車できるスペースがあります。


       

    ブイン  野間沢橋登山口

タイム

  • ゲート(45分)〜林道終点 登山口(1時間10分)〜金松寺山分岐(1時間20分)〜天狗岩山頂(40分)〜金松寺山(1時間)〜登山口

 

登山道 Map

特に危険な所はありません、木の根や岩がゴロゴロとした所もなく歩き安い道です、登り始めて直ぐに水場があります、夏場草が伸び藪になる所もあるようですが、気になるほどではありません、金松寺山山頂には新しく椅子が作られ登山道も良く整備されています。

 
   
ページトップへ戻る

日記

10月末に今の時期としては早過ぎる雪が降り、北アルプスの山々は一面の雪化粧となってしまいました、長野県大町市でも18cmの積雪があり、11月2日からの3連休も冷たい風が吹くそんな天気でしたが3日の日曜日西の空は雪模様の様子でしたが、今日の目的地天狗岩は綺麗に見えています。
この山は遠くから見ると山肌が魚の骨のように見え、以前からあの模様は何だろうと思っていました。あの山の模様が白くなって来ると長い冬がやって来るなと思っていました。

   

車を置き林道を歩きます、少し小雪は舞ってきます、まだ紅葉していない木々があるのに雪模様です、足が慣れたころ登山道に着きます、土質の柔らかい登山道です栗木が沢山あってイガが落ちています、曲りくねったヒノキ林を高度を上げて行くと、東に面した場所に出ます、まだ年数の経っていないヒノキが沢山植わっています、おそらく苗の間を縦に1本、横に何本かの道が付けられ、それが下から見ると骨模様に見えるのではないかと思いました。
厚い雲が立ち込め雪の量も増えて来ました、スパッツを付けて雪の中を登ります、高度を上げて行くと、そこは冬山です、強い風と横殴りの雪で目を開けているのも辛い位です。
山頂は何も見えません、この寒さでは食事を取ることも出来ず、早々に下山です一段下がった金松寺山まで降りて昼食を取りました。

 



ページトップへ戻る

Copyright(C) ショップ(カフェ・レストラン)向けHTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.