八ヶ岳 > 茶臼山 縞枯山

茶臼山(標高 2,384m 縞柄山(標高 2,403m)

サンプルイメージ

国道299号長野県茅野市から佐久市に抜ける麦草峠(通称メルヘン街道)の頂上から北に丸い形の山が2つ並んでいます、手前が茶臼山奥が縞枯山です。名前の用にシラビソが80年〜100年程度で枯れていく現象で縞枯山は帯の用に枯れています。
今回のコースは麦草峠から茶臼山に展望台で景色を眺め縞柄山へ反対側に降りてピラタスロープウェイ山頂駅手前を左に麦草峠に帰ってくるお手軽周回コースです。

アクセス

  • 茅野駅からバスまたはタクシーで、車の時は諏訪インターからビーナスライン方面へ市内を過ぎるてビーナスライン(左折)との分岐を直進、この付近まで来ると麦草峠の表示板があります、299号に入れば横谷渓谷を過ぎて峠頂上まで、手前右側に無料駐車場があります(40台程度トイレ有)登山口は少し登った左側です。

タイム

  • 駐車場(15分)〜大石峠(15分)〜中小場(45分)〜茶臼山(5分)〜展望台(30分)〜縞枯山展望台(15分)〜縞枯山(25分)〜雨池峠(20分)〜ピラタスロープウェイ山頂駅(30分)〜あずまや(30分)〜出会いの辻(35分)〜大石峠(10分)〜麦草峠駐車場

 

登山道 Map

特に危険な場所はありませんが、縞枯山展望台付近は大きな岩がありますので、足を滑らせないよう注意が必要です。6月上旬でも縞枯山から雨池峠に下る日陰には残っていることもあります。
ピラタスロープウェイからあずまやまでは土質の所や木道があり景色も良く快適です。あずまやから出会いの辻までは大きな岩がゴロゴロして樹林帯で歩き辛い場所もあります。初心者や春先のトレッキングには最適です。り口

ページトップへ戻る

日記

麦草峠から茶臼山、縞枯山を経てピラタスロープウェイ山頂駅へコースを左に取って良い景色を見ながらのトレッキングに出かけることにしました蓼科中央公園通称メルヘン街道を麦草峠まで車で行きます、標高2,127mの麦草峠は白駒池や高見石、さらには天狗岳へと続く登山口となっています、峠の周りにはトレッキングコースが沢山あり、登山の経験の無い人にも高原の爽やかさを楽しむことができる場所です。

   

自宅を8時出発です、塩尻峠頂上から少し下ると目の前に八ヶ岳が見えます、5月の連休と比べるとずい分雪も溶け、黒々とした山々が見えています、右にカーブを切ると今度は南アルプスが見えます、天気が良いと八ヶ岳と南アルプスの間に富士山が見えますが今日は雲に隠れて見ることが出来ません。

   

茅野市を過ぎて、国道299号に入ると後はこの道を麦草峠に向かって登ります、この付近の木はまだ新緑と言って良いほど緑が映えて少し湿った木々が色鮮やかに道を覆っています。やがて道は峠頂上へと近づいて来ました、頂上手前右側に無料の駐車場があります、既に満車で3列に停めてある一番端に車を停めて早速出発です、時刻は9時40分です。


登山口は峠の頂上に向かって少し登った左側にあります、直ぐ右側には今日下山のコースとなる茶水ノ池があります、登り始めは自然保護のための板廊下を歩きます、周りには岩も多く湿気が多いため斜面には多くのコケが生えています、緩やかな坂道を15分ほど歩けば大石峠に到着です、ここからコースを左に取るとピラタスロープウェイ山頂駅へと続く道で帰りのコースとなります。
大石峠を過ぎるころから、次第に急坂となります周りのシラビソに遮られ周りの景色は見えません。坂を登り切ると目の前が開け正面には茶臼山が見えています、ここでは休むこともなく一端右に降りて再び坂道となります、30分ほど登ると後方の景色が良く見える場所へと出ます、振り向くと今登って来た麦草峠や麦草ヒュッテが小さく見えています。

   

短い休憩を取って出発です、ここまで来れば茶臼山はもう少しです、坂を登り切ると茶臼山山頂です、山頂からは周りの景色を見ることは出来ません、山頂から左へ進路を取って少し雪の残る道を5分ほど歩けば展望台へと出ます、天気がよければ北アルプスを眺めることが出来ますが、今日は天狗岳の付近と今登って来たメルヘン街道が見える程度です。

 

茶臼山から一端下って上り返せば、縞枯山です、山頂手前から右に入った所に縞枯山展望台があります、ちょっとした岩場で八ヶ岳連邦や小諸市の黒斑山などを眺めることが出来ます、時刻は11時35分ここまで約2時間です。

昼食を済ませて縞枯山山頂へと向かいます、山頂は登山道の途中と言った場所で山頂を示すポールが建っているだけです、コースを右に取って雪の残る急坂を雨池峠に向かって降りて行きます。25分で雨池峠となります、峠を右に行けば雨池があります今日は峠を左に直ぐに縞柄山荘の三角屋根が見えて来ます。木道をさらに進むとピラタスローウェイ駅に着きます。山頂駅でトイレを借りてコースを左に取り麦草峠に向かいます。右手には中央アルプスの山々が見えています笹に覆われたコースと青い空と中央アルプスの山々がとても綺麗です。道も良く整備されて所々木道になっています。

   

あずまやからは大きな岩がゴロゴロとして樹林帯の中を歩きます30分ほど歩けば出会いの辻に到着です、ここまでくればもう麦草峠までは45分ほどです。

ページトップへ戻る

Copyright(C) ショップ(カフェ・レストラン)向けHTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.